インプラント治療は誰にでもおすすめできる物ではない

インプラント治療も万能ではなく、基本的にはインプラント以外の治療はできないという患者さんが受ける治療です。

周りの歯が、クラウンやブリッジの支えにはならない、入れ歯では噛み心地が満足できない、などのためインプラント治療を希望することになるという患者さんに適用されるのが普通です。

インプラントは人工歯根をあごの骨に埋め込んでいるので、より自然な噛み心地を得られるため噛み応えがある分だけ、食事も美味しく感じられます。歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。それは何より、インプラント治療を受けることができないケースもあるという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。

どういう方が治療を受けられないか簡単にご説明しますと、糖尿病や心臓病を抱えていて免疫力・抵抗力に難のある方や、インプラントを埋め込む顎の骨が既に減ったり無くなったりしている場合も、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるかもしれません。
喫煙によって、インプラント治療が影響を受ける可能性は小さくないと覚悟してください。

インプラント治療には数ヶ月、あるいはそれ以上かかる覚悟をしなければなりませんが、手術後に周辺組織が形成され、インプラントがあごにしっかり固定されることが治療成功の絶対条件となります。

周辺組織の回復をすすめ、インプラントを固定させるために、タバコに含まれるニコチンや一酸化炭素といった物質が悪影響を及ぼすことはいうまでもありません。快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、治療を受けている間はつらくても禁煙するのが正解です。忘れてはいけないインプラントのメリットとして仮歯を入れた後、義歯だとわかることはめったにありません。
根元から再生しているので、見た目は自分の歯と同じように自然な印象を与えるのでこれは義歯だと自分から言わない限り、義歯を入れたと気づかれることは考えなくて良いのです。

自然な見た目を重視している場合、この治療が一番ふさわしいでしょう。