住所移転も大変だ

「業者を利用しないで、できるだけ自分で引っ越し作」のページです。

ページの先頭へ戻る

業者を利用しないで、できるだけ自分で引っ越し作業者を利用しないで、できるだけ自分で引っ越し作

業者を利用しないで、できるだけ自分で引っ越し作業を進めたい場合はできるだけ、荷造りの数を減らしましょう。

普通の、あまり大きくない車で運ぶわけですから、狭い車内になるべく詰め込むため、適度な大きさのダンボールを使って荷物を作るようにする、食器などの割れ物は、Tシャツなどの衣類にくるんで梱包する、こんな風にして、包み紙の使用を防いで、その結果、荷物の嵩が減って割れ物と衣類を、同時に荷造りできてしまう、そんな技です。



こんな風にして、なるべく荷物を少なくするように注意します。



引っ越し作業の時に、ぜひ注意したいのは大きな荷物の扱いで、なるべく大型家具の表面や、家電に傷がつかないような工夫をしたいところです。新しい住まいのために購入した家具であったりする場合は、場合によっては市販の緩衝材を使うなどして丁寧に、運搬したいものですね。
新品のきれいな家具を新居に並べられる、と思うと嬉しくなりますが、それが細かい傷だらけだったりしたら、イヤになってしまったかもしれません。

以前、まだ子供もいなくて、夫婦二人で暮らしていた折に完成したばかりのマンションを購入できまして、引っ越すことにしたのでした。引っ越しの日、スムーズに作業は進みましたが、大型の、重いテーブルに取り掛かった時、分解できるはずなのに脚が全く取り外せず、結局、そのまま運んでもらいましたら、びっくりするような値段ではありませんでしたが、不本意な追加料金を払うことになってしまいました。事前に、例えば見積もりの時にどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。

引っ越しにかかる費用ですが、意外と大きな額になるのが実は、エアコンの取り外しや、設置の工事にかかる費用なのです。

素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。

ですから、取り付け費用も、一台について大体一万円はかかるそうです。もし、エアコンの工事も引っ越し作業としてサービスでついている場合は安くなるはずですが、業者は単にエアコンを運ぶだけ、という場合は、どこか他の専門業者に取り付けの工事を依頼するか、あるいは、新品を購入して、古いものの引き取りと、取り付け工事もしてもらうか費用やかかる手間など、総合的に考えてみた方が良いです。



引っ越しをすると多くの場合、さまざまな不用品がでてきてしまいますが、こういう品物を買い取るサービスを行ってくれる引っ越し業者が出てきて、評判になっています。



家電や収納家具、ブランド物のバッグだったりゴルフの道具、応接セットのようなものまで、引っ越しによって出てくる不用品は、いろいろあります。種類がいろいろある時には、買取サービスに重点を置いている引っ越し業者を利用するようにすると、確実な査定をしてくれることが多く、買取対象商品が広いので、新たに買取先を探す必要がありません。
引っ越しにつきものの悩みと言ったら、やはりどの業者を選ぶのかですよね。


初めての引っ越しとあれば、ますます不安になるでしょう。初めての引っ越しの時、私の場合は引っ越しのサカイでした。



見積もりを依頼しましたが、どこよりも安かったからです。従業員さんもとても親切に説明してくれて、信頼できた覚えがあります。
それ以来、引っ越しではサカイさんに依頼するようになりました。
良い引っ越しを経験しましたから、安心感が違います。

今後も引っ越しのサカイを使うことは変わらないと思います。

家族の人数が多く、荷物も多いので、引っ越し作業のほとんどは、業者の手を借りています。そして、いつも、心付けをどの時点で渡せばいいのか、迷います。



料金は料金としてちゃんと払うにしても、長い時間働いてくれた、そんな皆さんに、自腹でお礼の気持ちを伝えたくなります。飲み物一人あたりペットボトル一本ずつと各人に千円ほどを手渡しておりますが、皆さんはだいたいお幾らほど、そしていつ渡しているのか、知りたいところです。



数多くの引っ越し体験がありますが、一つだけ大きな声で言っておきたいことがあります。



「引っ越し業者に壊れものを運ばせるな」ということなのですが、これは心からの警告です。忘れもしない、初めての引っ越しの時、食器がいくつか、ヒビを入れていたのでした。

割れたものが、自作のお皿だったりしたため、衝撃は大きかったです。といっても、高い物ではなかったので、クレームを入れたりはしなかったです。

以降、そういった壊れ物だけは、自分で大事に運ぶようにしています。

引っ越しをすると、様々な手続きをする必要が出てきます。
特に重要なものとしては免許証を筆頭に、自動車にまつわる諸々の書類があります。
普段は車に乗らない、という人ですら、運転免許証の住所変更は本人確認書類としても使えるのが運転免許証ですし、誰もが大体すぐに、ちゃんと手続きをされるようです。しかし、同じように重要な、車庫証明の登録し直しについては、後回しにされてしまうことがあります。これも免許証同様、最寄りの警察署で登録し直せますので、免許証と一緒に手続きをしておけば二度手間にならずに済みます。



そろそろ引っ越しの日が近づいてきたけれど、自分の家のエアコンをどう取り扱えばいいのかわからない、といった類の困った状態に陥ってはいませんか?自分で取り外しや取り付けをするのは、知識がないと相当難しく、だったら、電気屋さんにがベストなのか、それとも、業者に引っ越し当日、取り外してもらうか、さらにまた、転居先への取付工事はいつできるのか、わからなことだらけで悩みますね。エアコンは一般的に、専門業者に頼むのが無難ですので、エアコンサポートセンターまで問い合わせをしてみるのも良いでしょう。

Copyright (c) 2014 住所移転も大変だ All rights reserved.