住所移転も大変だ

「賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立」のページです。

ページの先頭へ戻る

賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立

賃貸の部屋から引っ越しをする場合には、立会いとよばれる、お部屋チェックがあるのです。部屋を管理する立場の人が部屋に入り、室内の状態をくまなくチェックする訳です。立会いを終了させてやっと退去できる身となります。また、いろんなケースもあるようですが、公共料金の精算は全てちゃんと済ませておくことになっていますし、鍵についてはスペアを含め、全部返すことになっていますので、気を付けましょう。引っ越しの時、エアコンに関しては手間とお金が掛かり勝ちです。


ですがもしも、引っ越し前の家が賃貸であるなら、物件を管理する人を探して取り外しをせず、エアコンを現状のまま残していけるかを聞いてみるべきです。次にその部屋に住む人の利便のため、という理由により、音がうるさい、効きが悪い、といった不良エアコンでなければ、置いて行けることもあるわけです。


そうやってエアコンを置いていくことができれば取り外し工事の料金がかからなりますから、引っ越しにかかる費用を少し削減できます。新しい住まいに、物を運びこもうとする際に、扱いに少々気を付けておきたいのは洗濯機でしょう。毎日のように、水をたくさん使う家電ですし、十中八九、水道の近くに置くことになります。

洗濯機の設置される場所というのは、家の中でも一番湿気のこもる場所であることが多く、それにまた、洗濯機からの排水溝から水漏れが起こると大変ですから、湿気の排除と、水漏れ対策、この二つをなるべくちゃんと行っておいた方が良いです。犬を飼い始めてそろそろ十年経つでしょうか。


この子と暮らし続けるため、住まいを変えることになった時にはペットが飼えるマンションでないといけませんから毎回苦労しつつ、探しているのです。ペットが飼えるだけのマンション、というだけではなくて、私としては、ぜひ屋上にドッグランがあるなど設備の整ったマンションなら言うことはありません。

そういった設備のせいもあって、家賃がそれなりに高くなっても愛犬と一緒に快適に日々を送りたいのです。引っ越し作業中、業者が大きな家電などを運んでいたりすると、ふと、落下させたり、こすって傷つけたりしないか、心配して見ています。うっかりぶつけて壊してしまった、なんていう事態になったら困りますので、なるべく、荷物の安全に気を遣うスタッフがいる会社を利用したいと考えています。私自身は、仕事の都合で何度も引っ越ししていますが、大体いつも業者と一緒に作業をしており、それもあってか、目の前で荷物を荒く扱われた、という経験はないです。万が一、家電などの破損があったりすると、引っ越し業者から補償を受けられるので、自分でせっせと傷をつけながら運んだりせず丸々業者に作業してもらう方が、最終的には得かもしれないと思っています。よく言われることなのですが、引っ越し費用のうちで、高くなりがちなのが工事費用が必要になる、エアコン関連の出費になります。

素人にはエアコンの取り扱いは難しく、設置などには通常、専門家を呼びます。ですから、工事費の例としては、取り付け一台で一万円と少し、といったところだそうです。

ですが、もしエアコンの取り外しと取り付けが、引っ越しプランのオプションとしてついているならそれ程高額にはなりません。



でも、引っ越し業者はエアコンを新居に運ぶだけ、そして工事をどこにも頼んでいないという場合は、改めて専門業者に取り付けを頼むか、新しいエアコンを買って設置してもらい、古い製品の引き取りもしてもらうように相談するなどよく検討しましょう。ただ言えることは、古いクーラーだったら買い替えた方が、電気代は得するようです。



引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、業者の選び方で引っ越しの費用が異なってきます。出来るだけ無駄な出費のない業者を選択しましょう。



費用が少し高いとしても、荷造りで悩みがちなゴミの回収といったサービスのオプションがついている業者もあります。

なので、複数の引っ越し業者に見積もりをお願いして、付随するサービスを確認した上で比較検討するのが良いのではないでしょうか。まだ子供が生まれる前のことですが近郊にマンションを購入しまして、住まいを移すことにしたのでした。

引っ越し当日に起こったことですが、作業の最中、結構大きめのテーブルを運ぶ時、取り外せるはずの脚が、全然外せなくて、あきらめて、そのまま運んでもらったのです。
そうしたら、びっくりするような値段ではありませんでしたが、不本意な追加料金を払うことになってしまいました。


できれば事前にどんな時に追加料金を払うことになるのかを、確認しておくべきでした。


住まい探しについては、近くの不動産屋さんを利用して、見つけることができました。

そこのお店で、私を担当してくれた方が大変親切で、色々な質問にも答えてくれましたし、印象が良かったので、おすすめとして提示された部屋の一つに決めたのでした。

そことは別の不動産屋さんも行こうかなと考えてましたけど、他所のお店のサイトに掲載されている物件も、こちらの店で紹介できると担当の方が仰るので、不動産屋さんをいろいろ回らずに済んで助かりました。引っ越しの予約を入れておきながら、1日、2日前になって急にキャンセルしてしまうと、キャンセル料を支払う羽目になってしまうことがあります。
見積もりを見せる時には、キャンセル料金について、その発生条件などを説明しなければなりません。



ですがこれを、書面だけで説明されてしまうとキャンセル料についての記載を、読まずにいることもありますから、引っ越し作業の予約をする前に、念のためキャンセル料についての詳細を尋ねておくべきではないでしょうか。
Copyright (c) 2014 住所移転も大変だ All rights reserved.