引っ越しで一番大変なのは梱包だろうか

「部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、か」のページです。

ページの先頭へ戻る

部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、か部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、か

部屋からトラックへ荷物が全て積まれるまで、かかる時間はどのくらいか、というとその度に変わるのが普通で、一定にはなりません。荷物量や、部屋が何階にあるか、そして作業する人数などにより極端に違ってきたりもするのです。
そこをかなり無理矢理、計算してみますと、一番短時間で済むのは、荷物の少ない単身者の場合で、これが30分程、相当荷物の多い、家族の引っ越しであれば2時間と少し程、普通の一般家庭の荷物であれば、30分から2時間くらいの間で済むと思っていて良いでしょう。賃貸の部屋から転居していく時には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。管理会社から物件の担当者が部屋に来て、部屋のチェックを隅々まで行います。



これを済ませて晴れて退去、となるのです。

それからこれは、物件ごとに少しの違いはあるようですが、公共料金の精算は全てすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。

我が家の洗濯機はドラム式なんです。



以前、転勤で少し距離のある引っ越しを経験しています。新居に引っ越しの荷物が届けられた時、濡れて水を含んだダンボールに気付き業者に即、電話を入れました。どうやら、洗濯機のホースに水が残っていることに気付かず何かのはずみで漏れ出てきてしまったのでしょう。



その状態のままで運んできたようです。

荷台まで水は流れていきませんでしたから、特に害も無かったのですが、ホースの中から、しっかりと水を抜いておく必要があるとは思わかなかったです。でも次回からは気を付けたいです。引っ越しの際には何かとお金が要るものですが、引っ越し業者によって必要経費が変わります。多くの引っ越し業者がありますから、その中でも自分にとってベストな業者を選びたいものです。たとえ費用が最安値でなくても、荷造りの際のゴミを引き受けてくれるようなサービスを提供している業者もあるようですから、見積もりをとる時には複数の引っ越し業者にお願いして、セットのサービス内容と合わせて検討してみるのが良いでしょう。

冷蔵庫みたいな大型家電を、引っ越し作業の人が運搬するのを見ている時には、落としたりぶつけたりしないか、ヒヤヒヤします。もし、落下させて完全に壊してしまった、なんていう展開は最も避けたいので、作業スタッフの面々が、荷物を丁寧に運んでくれる会社を信用しています。



引っ越しの時には、私はいつも業者と一緒に作業をしているのですが、私が目の前で見ていることもあってか、これまで荷物を荒く運ぶ業者はいませんでした。
でも、もし引っ越し時に荷物の破損があったりしたら、業者から補償を受けられる仕組みがありますから、何もかも自分でやろうとがんばるのではなく丸々業者に作業してもらう方が、最終的には得かもしれないと思っています。

様々な事務手続きが必要となるのが、引っ越しという大イベントです。
中でも特に重要度の高いものとしては自動車運転免許証と、車庫証明でしょうか。運転免許証の住所の変更ですが、これは本人確認書類としてよく使われているということもあって、手続きをきっちり済ませる人がほとんどなのですが、重要度が同じくらい高い、車庫証明については、登録のし直しを忘れているケースが多いようです。

車庫証明も、警察署で登録し直しはできるのですから、免許証と一緒に手続きをしておけば手間が省けるのではないでしょうか。引っ越しは何度もしてきていますが、そんな私が一つだけ、大勢の人に言いたいことがあるのです。


忠告ですが「大事な物、壊れやすい物は他人に任せず自分で運ぶ」です。何度目かの引っ越しの時でしたが、運びこんでもらった荷物をチェックすると、いくつかの食器が割れてしまっていました。
はずかしながら、自作の陶器でしたから、かなりショックを受けました。ですが、お金に換えられるものではないし、クレームを入れたりはしなかったです。そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。

人それぞれ引っ越しの仕方は異なります。
荷造りから荷解きまで全部を任せるタイプの引っ越しを選ぶと当然それだけ費用がかかります。


荷物も少ない単身での引っ越しであるなら、お一人用の引っ越しパックやコースを利用すると良いようです。



こうしたコースを選択するだけでも、引っ越しコストは相当減らすことができ、それなら、その分は、何かと物入りな新生活のために割り当てるようにしましょう。

賃貸の部屋から引っ越しをする場合、最後に出て行く時には、なるべくきれいに掃除をしておきましょう。


別段掃除をする義務はありませんし、掃除をして何かメリットがあるなどとは言えはしませんが、少なくとも、悪い印象を持たれたりすることはないはずで、このことが敷金返還のことなどに良い影響があるかもしれません。

最後のお掃除をする時、どうしようもない汚れとか自分で修理するのが不可能なレベルの傷や破損は、放置がベターです。あまり頑張って汚れや傷をいじると、最初より悪くなっていくことがあります。引っ越しをして、住所が変更された場合、出来る限り早く国民健康保険の資格喪失手続きとそれから加入手続きもしておかないといけません。

ちなみに、資格喪失の方は、古い方の住所で手続きし、加入手続きの方は、引っ越し先の住所で行うことができます。国民健康保険証と、印鑑とそれに、運転免許証やパスポートといった本人確認書類になるものを持って行って申請をしてください。同じ市内での転居であっても提出しないといけないのが、転居届ですので、注意します。
Copyright (c) 2014 引っ越しで一番大変なのは梱包だろうか All rights reserved.