引っ越しは段取り次第でスムーズに終わる

HOME > 今どきのマンションやアパートでは隣に住む 】

今どきのマンションやアパートでは隣に住む

今どきのマンションやアパートでは隣に住む人の顔さえ知らなくて済んでいるのが常識になっているようです。

そんなご時世であっても、会えば挨拶して、何かあったときに助け合うくらいのつながりがあった方が良いでしょう。



関係作りの最初の一歩として、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともにお隣に顔見せの挨拶をしましょう。単身者が引っ越す場合、通常の引っ越しパックを利用するよりも単身者専用のサービスを探してみると費用の軽減ができます。

このようなパックは多くが専用コンテナを使っており荷物が少ない人向けという先入観をもたれますが、荷物は案外たくさん収められます。コンテナに収められなかったものがあれば宅配便など、他のサービスを使ってみてください。



引っ越しを一度でも経験すれば絶対必要になることとして、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。

引っ越しは私も何度か行いました。解約自体が大変ということはありません。

ただし、万が一、解約を忘れると、請求は引き続き自分の方に来ますから、決して忘れてはなりません。

その場合は、転居していても月末まで自分が支払わなければなりませんので、それも覚えておいてください。引っ越しは居住地の移動であり、いろいろな方面に届け出ますが使い続けるために、変更することになるものもあります。代表的なのは固定の電話番号です。


NTTに住所変更の申し込みをしてこの回線を引っ越し後も使うために、どんな手続きが必要か知っておくことが大事です。固定電話の番号は、市外と市内局番、それに個別番号から成り立つもので、市内局番のエリアが変わらない転居であれば、引っ越し後も同じ電話番号を使えます。来月引っ越すので準備を進めていますが、ピアノを転居のときに持っていくのか手放すのかが悩みの種です。ピアノを使わない予定なので場所をとるだけの存在です。

そうかといって、処分するだけでもそれなりの費用がかかると思いますし、一体どうしたら良いのでしょうか。もらってくれる方がいれば一番良いと思いますが、引き取り手はそうそう現れません。


引っ越し業者の費用の相場は、全く同じ引っ越しの依頼だとしても、引っ越す時期によって決まります。

年度末及び長期休暇中は曜日に関係なく繁忙期で依頼が重なるため基本料金からして高くなるようです。

もしできるなら、いわゆる閑散期に引っ越しを実現できるとどの業者でもお得に引っ越しできます。


費用の差が倍近くになる業者もあります。一人で移動するのではなく、一家が転居するとなると引っ越し当日にしかできないことも多いものです。



朝から晩までの作業になることは必然ですから、あらかじめ終わらせておけることがあればできるだけやっておいてください。

ライフラインである水道、電気、ガスなどの確保は絶対条件としても、当日使うことが予想される荷物は、他の荷物と一緒にならないようにし、取り出しやすくしておき、さらにしまいやすくしておきましょう。


基本的な引っ越しの流れですが、引っ越しの日程など大まかな枠組みが見えてきたら、費用などの見積もりを業者に依頼し、その結果を十分検討した上で、正式な依頼のため、契約書を取り交わします。
どこまで荷造りを依頼するかは主に費用面の問題になりますがご自身で荷造りすることになれば普通は、梱包材を業者からもらえるので、それを使って準備します。

当日は、特に取り決めていない限り、流れは業者に任せておけばスムーズに進みます。賃貸物件から引っ越す際、原状回復しなくてはいけないことになっています。
しかし入居中に経年劣化することも確かです。



入居中に破壊してしまった部分は退去時に修理費用を払わなくてはならないことが一般的ですが、経年によって避けられない変化とされれば修理費用を出す必要はないとされます。

賃貸では、できるだけ現状のままで退去できるよう生活するのが次に住む人のため、そして自分のためなのです。勤めが決まったことで、10年くらい前に今のアパートに引っ越すことになりました。ここにいるのはせいぜい3年でここを離れて実家に帰る予定で、住民票の移動をしないでおきました。

そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って思ったより長居してしまい、結婚の話も進んできました。



よく調べてみるとここの方が税金が安いので今から住民票を移しても遅くはないと思うようになりました。