引っ越しも繰り返せばうまくなる

ホーム ≫ この前、引っ越ししたのですが、その準備の

この前、引っ越ししたのですが、その準備の

この前、引っ越ししたのですが、その準備の時、なかなか整理できなかったクローゼットの中のものを全部出すと、新居に持っていく気にならないものばかりで呆れかえりました。服なんて長いこと着ないで、しまい込んでいたのです。引っ越しが良い機会になっていらないものを手放すことができ、荷物も私の心も整理することができました。都会のマンションやアパートでは、最近は隣に住む人の顔さえわからないということがおかしいと思わなくなっています。
とはいえ、顔を合わせたときに挨拶し、災害など、大変なことがあれば助け合えるような関係は必要だと言えます。
そのようなご近所づきあいのきっかけとして、転入の際には、ちょっとしたおみやげとともに両隣に挨拶をすることがポイントになります。


引っ越し専門の業者さんに見積もりを出してもらったのですが、えっと思うようなことがありました。
当然のように、液晶テレビの運搬では専用の保険があると言うのです。

わが家には40型の液晶テレビがありましたが、30万円以上の購入価格であれば、保険をかけなければならず、それを見積もりに計上するとのことでした。


業者さんの言葉には逆らえず、1500円ほどの保険をかけましたが、この対応はどこでも同じなのかいまだによくわかりません。



引っ越しは家財道具の整理の機会でもあるわけで、当然、不要品が出てきます。処分に頭を悩ませてしまいますよね。


そんなときぜひ利用してほしいのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスの活用です。ものによっては、一部の業者が有料処分が原則になっているものをリサイクルということで無料回収を行うところもあるので利用できるかどうか、聞いてみて損はありません。さていよいよ引っ越しの段取りを立てないと、という時には業者選びも大事です。


数が多いので困ってしまいますが、どこを利用したらいいのか正直よくわからない、ということであるなら誰もが聞けば知っているような大手業者にしておくのが安心できるのではないでしょうか。あえて業者名を挙げてみますと、CMでも有名な、アリさんマーク引っ越し社でしょうか。



存在感のある有名企業ですので信頼もあり、利用する人も大変多く、仕事をそれだけやってきたということです。経験豊富なスタッフも大勢いるでしょうし質の高い、スムーズな引っ越し作業が期待できます。



引っ越し貧乏という言葉があるくらい、引っ越しすれば生活の様々な点で変化が起こり思わぬ出費が続くことになるので、なるべく引っ越しそのものは予算の削減を図っていきたいですよね。利用したい業者の割引サービスは、どんなときに適用されるでしょうか。


問い合わせてみても良いでしょう。



ほとんどの割引サービスはいわゆる引っ越しシーズンを上手く外せば基本料金から安くしてくれることが多いため割引を上手く使える時期に引っ越しするようにしたいものです。

引っ越しは居住地の移動であり、転出・転入の手続きをしますが、転居後には変更しなければならない事柄も少なくありません。
例えば固定電話の番号は、転居したら変わることがありますね。最寄りのNTTに連絡して、同じ電話回線を使い続けるために、必要な手続きは何か確認しておきましょう。

今さらですが、NTTの電話番号は市外、市内局番と個別番号で構成されています。

同じ市内局番エリア内の引っ越しなら引っ越ししても電話番号は変わらないことになります。
引っ越しは一つの転機であり、いろいろな面にわたって、生活全体を改めて考え直すものですが、いつの間にか引き落とされているNHK受信料をどうするかも今後の対策を考える時です。

引っ越し後はテレビのないライフスタイルを選ぶのなら、受信料を払っても単なる無駄金になるわけで、まず、引き落としされていれば中断して、転居後は解約するよう進めていく手続きを思い切って実行しましょう。いよいよ明日は引っ越し、という日には、何時に、誰がどのように動くか確かめましょう。
引っ越し業者の人が何時に来て、作業を終えて運び出すのは何時かなどを確認しておきましょう。

荷物は運び出しやすいところまで移動しておき、業者さんをはじめ、手伝ってくれる人に冷たい飲み物を準備することが大事です。

作業の終わりに飲み物を出すだけで、特に暑いときなら、みんなが嬉しくなるでしょう。

コート類、スーツなどハンガーに吊してある衣類の荷造りをする時に引っ越し会社から借りることができる衣装ケースが存在しますから、これを用いると衣服をスピーディに梱包できるようになります。


通常のダンボールを利用するとたたんで詰めていくので手間がかかりますがこの衣装ケースのような引っ越し専門アイテムを利用すると様々な種類の衣服を、ハンガーにかけられている状態のままでケースに収めていくことができるのです。
引っ越し先に移動し終えたら衣装ケースの中身をダイレクトにクローゼットなどの家具にかけていけます。


ページトップへ

Copyright (c) 2014 引っ越しも繰り返せばうまくなる All rights reserved.