引っ越しも繰り返せばうまくなる

ホーム ≫ 探せばそれこそ、星の数ほど引

探せばそれこそ、星の数ほど引

探せばそれこそ、星の数ほど引っ越し業者はあります。



でも、「選ぶ基準がわからない」「どこがいいのか判断できない」ということでしたら全国に支店のある大手にしておくと良いようです。
例を挙げるなら、アリさんマーク引っ越し社といったような、知名度の高いところです。
名のある大手ということで、利用人数が桁違いです。ですから大抵のスタッフは経験を積んでいますし良い引っ越しにしてくれることでしょう。


これまでの人生の中で、引っ越しが多くない方にとっては引っ越しは生活の中でも転換期になり得るわけですが、数々の大変な事態に陥ることもあっておかしくありません。引っ越し当日はみんな忙しいのに、そこでたくさんのことを処理しようとして想定外の事態が生じると、当日の作業そのものが滞ることもあり得ます。前日までの準備は万端にしておくことが必要です。

今まで忘れられていたものも、引っ越しの時に整理しなくてはなりませんが、仕分けの結果、不要になるものもあります。処分をどうするか考えなくてはなりません。

そんなときぜひ利用してほしいのは引っ越し業者の不要品引き取りサービスの活用です。大型家具など、業者の中にはお金を払って処分しなくてはならないものをリサイクルということで引き取り無料とする場合もあるため、問い合わせるだけの価値はあります。あらゆるものを引っ越しの際に荷造りしなくてはなりませんが、食器を包んで詰めるのは確かに大変です。お皿やグラスといった割れ物は特に、包み方や詰め方を一歩誤ると運搬の途中で壊れてしまうこともあり得ます。



どこの世帯にも、薄いガラスの食器があるのではないでしょうか。薄いガラスでできた食器類は、内側に新聞紙などを詰めてから、外からも包み、業者に用意してもらった専用の箱に入れるなど、最大限の注意を払って荷造りするようにするとどきどきしながら荷物を開けることはなくなるでしょう。

電話回線の移動手続きも、引っ越しの時にはよく考えてみましょう。

現在の生活では、固定電話を使わない家庭も多いと思いますが、転居後も固定電話が必要となれば、いずれかの電話会社と契約するなど、やりとりを進めなければなりません。引っ越したときには契約が始まっていないと固定電話もファックスも使えない生活になりますのでいわゆる引っ越しシーズンならば、なるべく早く移動もしくは新規契約の手続きに着手しましょう。一人の引っ越しでは、新居でもベッドを使うかどうか迷ってしまいます。



新居がワンルームの場合は特に、ベッドがあると相当狭くなります。それに、業者がベッドを移動するとき、新居の入り口からベッドを入れられないなどの問題も起こるものです。そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を思い切って試してみるといいかもしれません。一世帯がまるまる引っ越すとなると、何といっても、当日しかできないことがたくさんあるので、作業だけで一日終わってしまうでしょうから、あらかじめ終わらせておけることがあればできるだけやっておいてください。



引っ越し先で、直ちに水道も電気もガスも使えるようにしておくことを忘れずにやっておいて、引っ越す日まで使いそうなものは、他の荷物と一緒にならないようにし、すぐ使えるようにしておくと楽です。引っ越しを一度でも経験すれば誰でも思い当たることでしょうが、もとの住まいで、ガスの契約を打ち切らないといけません。私も、世帯での引っ越し経験があります。
解約の手続きそのものは難しいものではありません。

しかし、その解約を忘れてしまうと、転居後のガス代も請求される羽目になりますのでくれぐれも注意が必要です。

しかも、引っ越した月の末日まで料金の支払いは自分のところに来るのです。


やっと、マイホームの購入をすることにになりました。でも、その契約のため印鑑証明書を用意しておく必要がある、ということは知らずにいたので、少々驚きました。以前、印鑑登録だけは親が代理で済ませておいてくれましたけれど、違う市から転入することになる今回の場合は、転入先の公共機関(市役所や出張所など)において改めて登録しないといけません。契約直前になっていきなり登録に行く事になったのでとても気忙しい思いをしたものです。


引っ越しをしようという時に、必要不可欠なものを挙げるとするなら、兎にも角にもダンボールかもしれません。

荷造りをするためには、ダンボールはどうしても必要となってきます。

用途に合わせて使い分けられるように、大小いくつか種類があると作業をスムーズに進めることができるでしょう。

相当多く使うことになるはずですので、なるべく、個数は多めに準備しておいた方が良いでしょう。

さてダンボールの入手ですが、ホームセンターで買ったり、お店で使用済みのものをもらうこともできます。しかしながら、引っ越し業者の方でも、荷物運搬用のダンボールは用意していますから、これを使用するのが作業効率の点から見ても良いようです。
ページトップへ

Copyright (c) 2014 引っ越しも繰り返せばうまくなる All rights reserved.